HOME製品情報その他>データロガー DDLM-QR2
MELSEC-QCPU用 簡易データロガー
DDLM-QR2


シリアルポートに接続するだけでデータ収集可能!

MELSEC-QCPU用 簡易データロガーDDLM-QR2はCPUのシリアルポートに接続するだけでデータ収集ができます。
ロギングデータはcsvファイル形式で出力でき、汎用表計算ソフトでそのままデータ解析&グラフ化が可能です。
ローコストかつ手軽に現場の情報化を実現します。

●エラー発生原因追求に
ロギングデータを解析することにより稼働状況 異常発生を的確に知ることができます。
●生産性の向上、コストダウンを実現
収集データをもとに生産状況を的確に把握し業務改善に活用できます。

@専用ソフトで設定したロギング条件をmicroSDカードに保存 ADDCM-QR2にmicroSDカードを挿入しMELSEC-QCPUに接続してロギング BCSVファイル形式でロギングデータが保存される

DDLM-QR2を直接QCPUに接続するだけでロギング可能

大きさ20.6×48×14.6mm、重さ13.2gのため軽量でコンパクト

常にロギングする連続ロギング、条件が一致したときにロギングを実行するトリガロギングの2種類から選べる

特長
  • コネクタ : ミニDIN6P オス
  • アクセス可能CPU : Q02HCPU、Q06HCPU、Q12HCPU、Q25HCPU
  • Windows 7/Vista/XP対応(32bit版)
  • アクセス可能デバイス :
    X0〜1FFF、Y0〜1FFF、M0〜8191、D0〜12287、C(CN)0〜1023
  • 収集間隔 : 1〜65,535秒
    (1秒単位で設定可能)
    ※デバイス点数により収集間隔が延びる場合があります
  • 総デバイス点数 : X、Y、Mデバイス208点・D、C(CN)デバイス200点
  • 保存ファイル形式 : csvファイル形式
  • ロギング条件を設定できるユーティリティソフト付属
    ※DDLM-QR2 Setup Utilityの使用には「.NET Framework2.0 以上」が必要です
  • MicroSDHCカード(4GB)付属
    ※製品付属または弊社より販売のMicroSD/MicroSDHCカードのみ動作保証しております
  • MicroSD/MicroSDHCカードリーダ/ライタ付属

仕様

アクセス可能CPU Q02HCPU、Q06HCPU、Q12HCPU、Q25HCPU
アクセス可能デバイス X0〜1FFF, Y0〜1FFF, M0〜8191, D0〜12287, C(CN)0〜1023
収集間隔 1〜65,535秒(1秒単位で設定可能)
※デバイス点数により収集間隔が延びる場合があります
総デバイス点数 X, Y, Mデバイスは208点、D, C(CN)デバイスは200点
ロギングデバイス指定方法 連続、個別
ロギング種別 連続ロギング(CPUに接続後ロギング開始)、トリガロギング
ロギング行数 1〜65,530行
保存ファイル形式 csvファイル形式
トリガ条件 内部リレー M0〜8191 ON/OFF
インタフェース RS-232C
コネクタ仕様 ミニDIN6P オス
通信速度 9600bps
電源 DC5V(FA機器から供給)
消費電力(MAX) 40mA
動作温度 0〜55℃
保存温度 -20〜75℃
動作湿度 5〜95%RH、結露なきこと
保存湿度 5〜95%RH、結露なきこと
質量 13.2g(MicroSD/MicroSDHCカード未挿入時)
対応MicroSDカード MicroSD/MicroSDHCカード※1
フォーマット形式 FAT32
対応OS Windows 7/Vista/XP(各32bit版)
パソコン必要空き容量 5MB以上
(.NET Framework2.0がインストールされていない場合:200MB以上)※2

※1 : 製品付属または弊社より販売のMicroSD/MicroSDHCカードのみ動作保証しております
※2 : DDLM-QR2 Setup Utilityの使用には「.NET Framework2.0以上」が必要です


外形図

20.6mm×48.0mm×14.6mm(W×D×H)

直販価格 (税込み)

DDLM-QR2 15,984円




ページトップ