HOME製品情報光ファイバケーブル>CC-Link IEコントローラネットワーク対応 光ファイバケーブル(GI G50/125タイプ)

CC-Link IEコントローラネットワーク対応 光ファイバケーブル(GI G50/125タイプ)

光コードにコア径50μm、クラッド径125μmのマルチモードGI用光ファイバを採用しています。
「CC-Link協会」推奨試験に合格の光ファイバケーブルです。

CC-Link IEコントローラユニット間を光ファイバケーブルで接続

CC-Link IEコントローラネットワーク対応 光ファイバケーブル (GI G50/125タイプ)
DFC-QG□-CP21(**M)盤内用
DFC-QGDLCDLC-CP21(**M)

DFC-QGDLCDLC-CP21(**M)

  • CC-Link IEコントローラネットワーク対応
  • 光コードコア径 : 50μm / クラッド径 : 125μm 
    GI用光ファイバ
  • 盤内用
  • コネクタ : DLC、SC、FC、なしの4種類から選択
  • 光コード数 : 2
  • 光ファイバ芯数 : 1
  • 標準ケーブル長 : 1m、2m、3m、5m、10m、15m、20m、25m
    (50mまでオーダー製作可能)
    (両端コネクタなし : 500m、1000m)
    ※コネクタ : 両端DLC、ケーブル長 : 3mの場合、「DFC-QGDLCDLC-CP21(3M)」となります
  • CC-Link協会推奨試験合格
    CC-Linkパートナー製品情報 (CC-Link協会)
  • 参考納期 : 10日
    (ケーブル長25mを除く両端DLCコネクタは即納です)
    ※詳細についてはお問い合わせください

●三菱電機システムサービス株式会社製光ファイバケーブル相当品「QG-G50-2C-***M-AW-□」
※保護ホルダは付属していません

  • RoHS対応
  • CC-Link IE Control

コネクタ種類

コネクタ種類 DLC・SC・FC

ラインナップ

コネクタ 型式 コード数 芯数
DLC⇔DLC DFC-QGDLCDLC-CP21(**M) 2 1
DLC⇔SC DFC-QGDLCSC-CP21(**M)
DLC⇔FC DFC-QGDLCFC-CP21(**M)
DLC⇔なし DFC-QGDLCN-CP21(**M)
SC⇔SC DFC-QGSCSC-CP21(**M)
FC⇔FC DFC-QGFCFC-CP21(**M)
SC⇔FC DFC-QGSCFC-CP21(**M)
なし⇔なし DFC-QGNN-CP21(**M)

構造図

コア、クラッド、緩衝層、被覆からなる光ファイバ芯線。その光ファイバ芯線と抗張力繊維を外被で束ねると光コード。2本の光コードで構成。

仕様

コネクタ DLC、SC、FC
コア 材質 石英ガラス
外径 50±3μm
クラッド 材質 石英ガラス
外径 125±3μm
緩衝層 材質 紫外線硬化性樹脂
外径 約0.25mm
被覆 材質 ポリ塩化ビニル系樹脂
外径 0.9±0.1mm
抗張力繊維 材質 アラミド繊維
外被 材質 難燃PVC(青)
外径 約2mm×2
許容張力 非固定時 240N
固定時 -
許容曲げ半径 非固定時 30mm
固定時 30mm
許容側圧 非固定時 490N/100mm
固定時 -
使用環境 -10℃〜40℃
※コネクタ部を含みません
開口数 0.2±0.1
伝送損失 1km以下 ≦3.0dB (λ=0.85μm)
≦1.0dB (λ=1.3μm)

λ(ラムダ) : 測定用光源の中心発光波長
注 : 布設後、コード/ケーブルに張力及び側圧が加わるような布設形態は避けてください
   また、布設後は許容曲げ半径を必ずお守りください


CC-Link IEコントローラネットワーク対応 光ファイバケーブル (GI G50/125タイプ)
DFC-QG□-CPV21(**M)盤内 可動用
DFC-QGDLCDLC-CPV21(**M)

DFC-QGDLCDLC-CPV21(**M)

  • CC-Link IEコントローラネットワーク対応
  • 光コードコア径 : 50μm / クラッド径 : 125μm
    GI用光ファイバ
  • 盤内 可動用
  • コネクタ : DLC、SC、FC、なしの4種類から選択
    ※ケーブルのみ(両端コネクタなし)の販売はいたしません
      どちらか一方にコネクタが付きます
  • 光コード数 : 2
  • 光ファイバ芯数 : 1
  • 移動特性
    • 試験方法:ケーブルに荷重を加え、両方向90度の繰り返し曲げを加えた時の光出力変動を測定
      (曲げ速度:60回/min、曲げ半径:25mm、荷重:2kg、繰り返し回数:100万回以上)
    • 試験結果:伝送損失増加 0.1dB以下
      ※試験結果であり、保証値ではありません
       (使用方法や環境等により性能は変わります)
  • 標準ケーブル長 : 1m、2m、3m、5m、10m、15m、20m、25m
    (50mまでオーダー製作可能)
    ※コネクタ : 両端DLC、ケーブル長 : 3mの場合、「DFC-QGDLCDLC-CPV21(3M)」となります
  • CC-Link協会推奨試験合格
    CC-Linkパートナー製品情報 (CC-Link協会)
  • 参考納期 : 10日
    ※詳細についてはお問い合わせください
  • RoHS対応
  • CC-Link IE Control

コネクタ種類

コネクタ種類 DLC・SC・FC

ラインナップ

コネクタ 型式 コード数 芯数
DLC⇔DLC DFC-QGDLCDLC-CPV21(**M) 2 1
DLC⇔SC DFC-QGDLCSC-CPV21(**M)
DLC⇔FC DFC-QGDLCFC-CPV21(**M)
DLC⇔なし DFC-QGDLCN-CPV21(**M)
SC⇔SC DFC-QGSCSC-CPV21(**M)
FC⇔FC DFC-QGFCFC-CPV21(**M)
SC⇔FC DFC-QGSCFC-CPV21(**M)

特性

光ファイバケーブル特性 結束状態で通光可能 折り曲げ・結び目後通光可能
※上記は使用条件として保証するものではありません
  ファイバは折れにくくなっていますが、許容曲げ半径以下では寿命が低下する可能性があります

構造図

コア、クラッド、緩衝層、被覆からなる光ファイバ芯線。その光ファイバ芯線と抗張力繊維を外被で束ねると光コード。2本の光コードで構成。

仕様

コネクタ DLC、SC、FC
コア 材質 石英ガラス
外径 50±3μm
クラッド 材質 石英ガラス
外径 125±3μm
緩衝層 材質 紫外線硬化性樹脂
外径 約0.25mm
被覆 材質 難燃PE
外径 0.9±0.1mm
抗張力繊維 材質 アラミド繊維
外被 材質 難燃ノンハロゲン材料(青)
外径 約2mm×2
許容張力 非固定時 160N
固定時 -
許容曲げ半径 非固定時 15mm
固定時 15mm
許容側圧 非固定時 980N/100mm
固定時 -
使用環境 -40℃〜70℃
※コネクタ部を含みません
開口数 0.2±0.1
伝送損失 1km以下 ≦3.0dB (λ=0.85μm)
≦1.0dB (λ=1.3μm)

λ(ラムダ) : 測定用光源の中心発光波長
注 : 布設後、コード/ケーブルに張力及び側圧が加わるような布設形態は避けてください
   また、布設後は許容曲げ半径を必ずお守りください


CC-Link IEコントローラネットワーク対応 光ファイバケーブル (GI G50/125タイプ)
DFC-QG□-RM21(**M)屋内用
DFC-QGDLCDLC-RM21(**M)

DFC-QGDLCDLC-RM21(**M)

  • CC-Link IEコントローラネットワーク対応
  • 光コードコア径 : 50μm / クラッド径 : 125μm
    GI用光ファイバ
  • 屋内用
  • コネクタ : DLC、SC、FC、なしの4種類から選択
  • 光コード数 : 2
  • 光ファイバ芯数 : 1
  • 標準ケーブル長 : 1m、2m、3m、5m、10m、15m、20m、25m、30m、35m、40m、45m、50m
    (2000mまでオーダー製作可能)
    ※コネクタ : 両端DLC、ケーブル長 : 3mの場合、「DFC-QGDLCDLC-RM21(3M)」となります
  • CC-Link協会推奨試験合格
    CC-Linkパートナー製品情報 (CC-Link協会)
  • 参考納期 : 10日
    (両端DLCコネクタは即納です)
    ※詳細についてはお問い合わせください

●三菱電機システムサービス株式会社製光ファイバケーブル相当品「QG-G50-2C-***M-B-□」
※保護ホルダは付属していません

  • RoHS対応
  • CC-Link IE Control

コネクタ種類

コネクタ種類 DLC・SC・FC

ラインナップ

コネクタ 型式 コード数 芯数
DLC⇔DLC DFC-QGDLCDLC-RM21(**M) 2 1
DLC⇔SC DFC-QGDLCSC-RM21(**M)
DLC⇔FC DFC-QGDLCFC-RM21(**M)
DLC⇔なし DFC-QGDLCN-RM21(**M)
SC⇔SC DFC-QGSCSC-RM21(**M)
FC⇔FC DFC-QGFCFC-RM21(**M)
SC⇔FC DFC-QGSCFC-RM21(**M)

構造図

コア、クラッド、緩衝層、被覆からなる光ファイバ芯線。その光ファイバ芯線と抗張力繊維を外被で束ねると光コード。その光コード2本とテンションメンバを押さえ巻きとシースで束ねた構成。

仕様

コネクタ DLC、SC、FC
光コード仕様 コア 材質 石英ガラス
外径 50±3μm
クラッド 材質 石英ガラス
外径 125±3μm
緩衝層 材質 紫外線硬化性樹脂
外径 約0.25mm
被覆 材質 ポリ塩化ビニル系樹脂
外径 0.9±0.1mm
抗張力繊維 材質 アラミド繊維
外被 材質 難燃PVC(青)
外径 約2mm×2
光ケーブル仕様 テンションメンバ 材質 アラミド繊維
シース 材質 難燃PVC(青)
仕上がり外径 5mm
許容張力 非固定時 400N
固定時 -
許容曲げ半径 非固定時 50mm
固定時 50mm
許容側圧 非固定時 980N/100mm
固定時 -
使用環境 -10℃〜40℃
※コネクタ部を含みません
開口数 0.2±0.1
伝送損失 1km以下 ≦3.0dB (λ=0.85μm)
≦1.0dB (λ=1.3μm)

λ(ラムダ) : 測定用光源の中心発光波長
注 : 布設後、コード/ケーブルに張力及び側圧が加わるような布設形態は避けてください
   また、布設後は許容曲げ半径を必ずお守りください


CC-Link IEコントローラネットワーク対応 光ファイバケーブル (GI G50/125タイプ)
DFC-QG□-RMT□1(**M)屋内用(補強)
DFC-QGDLCDLC-RMT21(**M)

DFC-QGDLCDLC-RMT21(**M)

DFC-QGDLCDLC-RMT41(**M)

DFC-QGDLCDLC-RMT41(**M)

DFC-QGDLCDLC-RMT61(**M)

DFC-QGDLCDLC-RMT61(**M)

DFC-QGDLCDLC-RMT81(**M)

DFC-QGDLCDLC-RMT81(**M)

 

  • CC-Link IEコントローラネットワーク対応
  • 光コードコア径 : 50μm / クラッド径 : 125μm
    GI用光ファイバ
  • 屋内用(補強)
  • コネクタ : DLC、SC、FC、なしの4種類から選択
  • 光コード数 : 2、4、6、8
    • DFC-QG□-RMT21(**M)・・・2本
    • DFC-QG□-RMT41(**M)・・・4本
    • DFC-QG□-RMT61(**M)・・・6本
    • DFC-QG□-RMT81(**M)・・・8本
  • 光ファイバ芯数 : 1
  • 標準ケーブル長 : 1m、2m、3m、5m、10m、15m、20m、25m、30m、35m、40m、45m、50m
    (2000mまでオーダー製作可能)
    ※コネクタ : 両端DLC、光コード数 : 2、ケーブル長 : 5mの場合、「DFC-QGDLCDLC-RMT21(5M)」となります
  • CC-Link協会推奨試験合格
    CC-Linkパートナー製品情報 (CC-Link協会)
  • 参考納期 : 10日
    ※詳細についてはお問い合わせください
  • RoHS対応
  • CC-Link IE Control

コネクタ種類

コネクタ種類 DLC・SC・FC

ラインナップ

コネクタ 型式 コード数 芯数
DLC⇔DLC DFC-QGDLCDLC-RMT□1(**M) 2、4、6、8 1
DLC⇔SC DFC-QGDLCSC-RMT□1(**M)
DLC⇔FC DFC-QGDLCFC-RMT□1(**M)
DLC⇔なし DFC-QGDLCN-RMT□1(**M)
SC⇔SC DFC-QGSCSC-RMT□1(**M)
FC⇔FC DFC-QGFCFC-RMT□1(**M)
SC⇔FC DFC-QGSCFC-RMT□1(**M)

構造図

光コード、テンションメンバ、介在を押さえ巻きとシースで束ねた構成。切り裂き紐付き。光コード数2は光コードが2本、光コード数4は光コードが4本、光コード数6は光コードが6本、光コード数8は光コードが8本入っている。

仕様

コネクタ DLC、SC、FC
光コード仕様 コア 材質 石英ガラス
外径 50±3μm
クラッド 材質 石英ガラス
外径 125±3μm
緩衝層 材質 紫外線硬化性樹脂
外径 約0.25mm
被覆 材質 ポリ塩化ビニル系樹脂
外径 0.9±0.1mm
抗張力繊維 材質 アラミド繊維
外被 材質 難燃PVC(青)
外径 約2mm
光ケーブル仕様 光コード数 2 4 6 8
テンションメンバ 抗張力体 材質 鋼線
外径 約0.7mm 約1.0mm 約1.0mm 約1.0mm
被覆 材質 PE(黒) - PE(黒) PE(黒)
外径 約1.5mm - 約2.5mm 約3.5mm
シース 材質 難燃PE(青)
仕上がり外径 6.5mm 7.5mm 9.0mm 10.0mm
許容張力 非固定時 480N 460N 460N 460N
固定時 -
許容曲げ半径 非固定時 65mm 75mm 90mm 100mm
固定時 65mm 75mm 90mm 100mm
許容側圧 非固定時 980N/100mm
固定時 -
使用環境 -10℃〜40℃
※コネクタ部を含みません
開口数 0.2±0.1
伝送損失 1km以下 ≦3.0dB (λ=0.85μm)
≦1.0dB (λ=1.3μm)

λ(ラムダ) : 測定用光源の中心発光波長
注 : 布設後、コード/ケーブルに張力及び側圧が加わるような布設形態は避けてください
   また、布設後は許容曲げ半径を必ずお守りください


CC-Link IEコントローラネットワーク対応 光ファイバケーブル (GI G50/125タイプ)
DFC-QG□-RMV21(**M)屋内 可動用
DFC-QGDLCDLC-RMV21(**M)

DFC-QGDLCDLC-RMV21(**M)

  • CC-Link IEコントローラネットワーク対応
  • 光コードコア径 : 50μm / クラッド径 : 125μm
    GI用光ファイバ
  • 屋内 可動用
  • コネクタ : DLC、SC、FC、なしの4種類から選択
    ※ケーブルのみ(両端コネクタなし)の販売はいたしません
      どちらか一方にコネクタが付きます
  • 光コード数 : 2
  • 光ファイバ芯数 : 1
  • 移動特性
    • 試験方法:ケーブルに荷重を加え、両方向90度の繰り返し曲げを加えた時の光出力変動を測定
      (曲げ速度:0回/min、曲げ半径:25mm、荷重:2kg、繰り返し回数:1000万回以上)
    • 試験結果:伝送損失増加 0.1dB以下
      ※試験結果であり、保証値ではありません
       (使用方法や環境等により性能は変わります)
  • 標準ケーブル長 : 1m、2m、3m、5m、10m、15m、20m、25m、30m、35m、40m、45m、50m
    (2000mまでオーダー製作可能)
    ※コネクタ : 両端DLC、ケーブル長 : 3mの場合、「DFC-QGDLCDLC-RMV21(3M)」となります
  • CC-Link協会推奨試験合格
    CC-Linkパートナー製品情報 (CC-Link協会)
  • 参考納期 : 10日
    ※詳細についてはお問い合わせください

●三菱電機システムサービス株式会社製光ファイバケーブル相当品「QG-G50-2C-***M-VCT-□」
※保護ホルダは付属していません

  • RoHS対応
  • CC-Link IE Control

コネクタ種類

コネクタ種類 DLC・SC・FC

ラインナップ

コネクタ 型式 コード数 芯数
DLC⇔DLC DFC-QGDLCDLC-RMV21(**M) 2 1
DLC⇔SC DFC-QGDLCSC-RMV21(**M)
DLC⇔FC DFC-QGDLCFC-RMV21(**M)
DLC⇔なし DFC-QGDLCN-RMV21(**M)
SC⇔SC DFC-QGSCSC-RMV21(**M)
FC⇔FC DFC-QGFCFC-RMV21(**M)
SC⇔FC DFC-QGSCFC-RMV21(**M)

特性

光ファイバケーブル特性 結束状態で通光可能 折り曲げ・結び目後通光可能
※上記は使用条件として保証するものではありません
  ファイバは折れにくくなっていますが、許容曲げ半径以下では寿命が低下する可能性があります

構造図

コア、クラッド、緩衝層、被覆からなる光ファイバ芯線。その光ファイバ芯線と抗張力繊維を外被で束ねると光コード。その光コード2本とテンションメンバを押さえ巻きとシースで束ねた構成。

仕様

コネクタ DLC、SC、FC
光コード仕様 コア 材質 石英ガラス
外径 50±3μm
クラッド 材質 石英ガラス
外径 125±3μm
緩衝層 材質 紫外線硬化性樹脂
外径 約0.25mm
被覆 材質 難燃PE
外径 0.9±0.1mm
抗張力繊維 材質 アラミド繊維
外被 材質 難燃ノンハロゲン材料(青)
外径 約2mm×2
光ケーブル仕様 テンションメンバ 材質 アラミド繊維
シース 材質 難燃PVC(青)
仕上がり外径 6mm
許容張力 非固定時 400N
固定時 -
許容曲げ半径 非固定時 60mm
固定時 60mm
許容側圧 非固定時 1960N/100mm
固定時 -
使用環境 -10℃〜40℃
※コネクタ部を含みません
開口数 0.2±0.1
伝送損失 1km以下 ≦3.0dB (λ=0.85μm)
≦1.0dB (λ=1.3μm)

λ(ラムダ) : 測定用光源の中心発光波長
注 : 布設後、コード/ケーブルに張力及び側圧が加わるような布設形態は避けてください
   また、布設後は許容曲げ半径を必ずお守りください


CC-Link IEコントローラネットワーク対応 光ファイバケーブル (GI G50/125タイプ)
DFC-QG□-FDL□1(**M)屋外用(補強)LAPシース
DFC-QGDLCDLC-FDL21(**M)

DFC-QGDLCDLC-FDL21(**M)

DFC-QGDLCDLC-FDL41(**M)

DFC-QGDLCDLC-FDL41(**M)

DFC-QGDLCDLC-FDL61(**M)

DFC-QGDLCDLC-FDL61(**M)

DFC-QGDLCDLC-FDL81(**M)

DFC-QGDLCDLC-FDL81(**M)

 

  • CC-Link IEコントローラネットワーク対応
  • 光コードコア径 : 50μm / クラッド径 : 125μm
    GI用光ファイバ
  • 屋外用(補強)LAPシース
  • コネクタ : DLC、SC、FC、なしの4種類から選択
  • 光コード数 : 2、4、6、8
    • DFC-QG□-FDL21(**M)・・・2本
    • DFC-QG□-FDL41(**M)・・・4本
    • DFC-QG□-FDL61(**M)・・・6本
    • DFC-QG□-FDL81(**M)・・・8本
  • 光ファイバ芯数 : 1
  • 標準ケーブル長 : 5m、10m、15m、20m、25m、30m、35m、40m、45m、50m
    (2000mまでオーダー製作可能)
    ※コネクタ : 両端DLC、光コード数 : 2、ケーブル長 : 5mの場合、「DFC-QGDLCDLC-FDL21(5M)」となります
  • CC-Link協会推奨試験合格
    CC-Linkパートナー製品情報 (CC-Link協会)
  • 参考納期 : 10日
    ※詳細についてはお問い合わせください

●三菱電機システムサービス株式会社製光ファイバケーブル相当品「QG-G50-2C-***M-C-□」、「QG-G50-nC-***M-DL-□」(n=2、4、6、8)
※保護ホルダは付属していません

  • RoHS対応
  • CC-Link IE Control

コネクタ種類

コネクタ種類 DLC・SC・FC

ラインナップ

コネクタ 型式 コード数 芯数
DLC⇔DLC DFC-QGDLCDLC-FDL□1(**M) 2、4、6、8 1
DLC⇔SC DFC-QGDLCSC-FDL□1(**M)
DLC⇔FC DFC-QGDLCFC-FDL□1(**M)
DLC⇔なし DFC-QGDLCN-FDL□1(**M)
SC⇔SC DFC-QGSCSC-FDL□1(**M)
FC⇔FC DFC-QGFCFC-FDL□1(**M)
SC⇔FC DFC-QGSCFC-FDL□1(**M)

構造図

光コード、テンションメンバ、介在紐を押さえ巻きとシースで束ねた構成。切り裂き紐付き。光コード数2は光コードが2本、光コード数4は光コードが4本、光コード数6は光コードが6本、光コード数8は光コードが8本入っている。

仕様

コネクタ DLC、SC、FC
光コード仕様 コア 材質 石英ガラス
外径 50±3μm
クラッド 材質 石英ガラス
外径 125±3μm
緩衝層 材質 紫外線硬化性樹脂
外径 約0.25mm
被覆 材質 ポリ塩化ビニル系樹脂
外径 0.9±0.1mm
抗張力繊維 材質 アラミド繊維
外被 材質 難燃PVC(青)
外径 約2mm
光ケーブル仕様 光コード数 2 4 6 8
テンションメンバ 抗張力体 材質 鋼線
外径 約1.0mm
被覆 材質 - - PE(黒) PE(黒)
外径 - - 約2.2mm 約3.5mm
シース 材質 LAPシース(黒)
仕上がり外径 9.5mm 9.5mm 10.5mm 12.0mm
許容張力 非固定時 420N
固定時 -
許容曲げ半径 非固定時 60mm 60mm 65mm 75mm
固定時 60mm 60mm 65mm 75mm
許容側圧 非固定時 980N/100mm
固定時 -
使用環境 -20℃〜60℃
※コネクタ部を含みません
開口数 0.2±0.1
伝送損失 1km以下 ≦3.0dB (λ=0.85μm)
≦1.0dB (λ=1.3μm)

λ(ラムダ) : 測定用光源の中心発光波長
注 : 布設後、コード/ケーブルに張力及び側圧が加わるような布設形態は避けてください
   また、布設後は許容曲げ半径を必ずお守りください





ページトップ