HOMEダイヤトレンド用語集は行>光ファイバケーブル

光ファイバケーブル 【optical fiber cable】

光ファイバケーブルとは、電気信号ではなく、半導体レーザーやLED等の光によって通信するケーブルのことです。
非常に高い純度のガラスやプラスチックの細い繊維で作られており、光をスムーズに通す構造になっています。 コンピュータの電気信号をレーザーを使って光信号に変換し、変換したレーザー光を光ファイバに通してデータを送信します。 光ファイバケーブルは、電気信号を流して通信するメタルケーブルと比べて信号の減衰が少ないため、通信距離が長く、数十kmから数百kmの距離を中継なしで通信することが可能で、通信速度も格段に速くなっています。 また、光信号の漏れは遮断しやすいため、光ファイバを大量に束ねても相互に干渉しないという特長もあります。
光ファイバケーブルは伝送モードにより2種類に分類され、高値で寿命が短いですが長距離の通信に向くシングルモード光ファイバケーブル (Single Mode optical fiber:SM) と、安価で通信速度が遅くなりますが、短距離の通信に向くマルチモード光ファイバケーブル (Multi Mode optical fiber:MM) があります。シングルモード光ファイバケーブルは主に都市間の長距離通信やインターネットの基幹ネットワーク等の分野で使用されます。一方、マルチモード光ファイバケーブルはLANケーブルやAV機器のデジタル入出力ケーブル等、家庭や一般のオフィスでよく使用されています。現在では、安価で線の曲げに強く、配線が容易なプラスチック光ファイバケーブル等もあります。

光ファイバケーブルとは_イラスト





ページトップ