HOMEダイヤトレンド用語集>コネクタ形状

コネクタ形状

コネクタ形状の一覧です。

コネクタ コネクタ形状 説明
USB A-Type USBケーブルのコネクタ形状が長方形のものをA-Typeといい、主にパソコンがこのコネクタになっています。
USBマウスやキーボード等のコネクタがこの形状になっています。
USB B-Type USBケーブルのコネクタ形状が正方形状のものをB-Typeといい、主に周辺機器がこのコネクタになっています。
プリンタやハードディスクドライブ等のコネクタがこの形状になっています。
USB mini B-Type USB mini B-Typeとは、文字通りUSB B-Typeのコネクタを小さくしたものです。デジタルカメラの小型化に伴い、B-Typeコネクタのサイズが大きすぎて扱いにくいため、各社が独自の専用インタフェースを用意していました。
このような背景から、規格をまとめたものがUSB mini B-Type規格です。
奥行きは、B-Typeコネクタの差し込み口が12mmに対して、mini B-Typeでは6.8mmに縮小されています。
D-SUB9P オス パソコンと周辺機器を接続するケーブルに使用されるコネクタの規格です。
平らな台形状の断面にピンが2段に並んでおり、形状がアルファベットのDに似ていることからD-SUBと呼ばれるようになったといわれています。
ピンのついているコネクタがオス、ピンを差し込む穴が並んでいるコネクタがメスです。
ピンの本数が9本のものをD-SUB9P、25本のものをD-SUB25Pといいます。
D-SUB25Pはパソコン側のRS-232Cポートや「パラレルインタフェース」と呼ばれるプリンタ用インタフェースとして使われていましたが、現在ではほとんど見られません。
コネクタ同士の固定にはボルトとナット(固定具)を使用し、ネジ山のピッチからミリネジ(M2.6)とインチネジ(#4-40)が主に用いられます。
コネクタ形状写真のD-SUB25P オス/D-SUB25P メスでは、D-SUB25P オスが「ボルト」、D-SUB25P メスが「ナット(固定具)」になります。
D-SUB9P メス
D-SUB25P オス
D-SUB25P メス
ハーフピッチ14P ハーフピッチコネクタはNEC製ノートパソコンPC-9821で使用されていましたが、現在ではほとんど見られません。
ピンの間隔がフルピッチコネクタの半分の1.27mmであることからハーフピッチと呼ばれています。
三菱製位置決めユニットA1SD75は、専用のハーフピッチ14Pになっています。
A1SD75専用
ハーフピッチ14P
ミニDIN6P オス DINコネクタとはドイツの工業標準規格(DIN)により規格化されたコネクタ一般のことをいいます。
このうち丸型コネクタで小型のものをミニDINといい、ピンの本数が6本であればミニDIN6P、8本であればミニDIN8Pといいます。
ミニDIN8P オス
RJ-45 イーサネットケーブルで使われる8芯のモジュラー式コネクタです。
電話回線用のRJ-11に形状が似ていますが、RJ-45の方が一回り大きくなっています。




ページトップ