HOME会社情報>会社沿革

会社沿革


1970年代

1971年8月 大阪市福島区上福島中で資本金450万円にて大安電機株式会社を設立
三菱電機機器商品を販売する
1972年11月 業務拡張のため本社を大阪市西区南堀江に移転
1973年3月 大阪市住之江区北加賀屋に制御盤工場を設立
1976年4月 三菱電機機器特約店となる
1979年10月 工場拡張のため大阪市大正区泉尾に移転

1980年代

1982年8月 資本金増資 資本金3億円
1983年6月 電子応用製品の設計・製作を開始
1984年7月 業務拡張のため本社を大阪市西区江之子島に移転
1986年9月 NCコントローラを自社開発し製造を開始
1988年9月 工場を大阪市大正区三軒家に新築し移転

1990年代

1991年4月 社名を「ダイヤトレンド株式会社」に変更
本社を大阪市此花区常吉に新築し移転
1992年4月 自社ブランドの電子応用製品 DAFX-CABを発売
1996年8月 次世代のコントローラ パソコンシーケンサ DISA-PLCを発売
1998年1月 三菱シーケンサ MELSEC-A用I/Oシュミレータを発売
1998年12月 大阪市西区新町に新社屋竣工
1999年12月 三菱電機FA機器インタフェースケーブル用USBコンバータを発売

2000年代

2000年3月 USBプロトコルアナライザー USB-BM1を発売
2001年3月 三菱電機FA機器用USB-シリアルコンバータ DIFC-U4を発売 DIFC-U4
2002年9月 業務拡張のため本社を大阪市中央区南船場に移転
2002年11月 大阪市中央区南船場にActiveTown(SOHOレンタルオフィス)をオープン ActiveTown
2003年1月 デジタル監視録画装置 デジタル・マルチカム・サーベイランス・ユニット DMSUシリーズを発売
2005年11月 長距離通信用コンバータ DIFU-RS24Aを発売 DIFU-RS24A
2006年11月 ワイヤレスイーサネット/シリアルコンバータ DIFC-WERS2を発売
2007年5月 三菱ACサーボモータ対応 電源ケーブルを発売 三菱ACサーボモータ対応 電源ケーブル
2007年9月 三菱ACサーボモータ対応 エンコーダケーブルを発売
2008年9月 産業用イーサネットスイッチングハブ DEH-TX8を発売
2008年12月 産業用イーサネットスイッチングハブ DEH-GTX8を発売 DEH-GTX8 DIFC-WERS2F
DEH-GTX8 DIFC-WERS2F
2009年9月 ワイヤレスイーサネット/シリアルコンバータ DIFC-WERS2Fを発売

2010年代

2010年9月 産業用イーサネットスイッチングハブ DEH-GTX8
CC-Link IEフィールドネットワーク推奨 ネットワーク配線部品試験合格
2010年11月 イーサネット/シリアルコンバータ DIFC-ERS2Fを発売 DIFC-ERS2F DAP-P1
DIFC-ERS2F  DAP-P1
2011年7月 SSCNETV対応 光ファイバケーブルを発売
2011年9月 産業用無線LANアダプタ DAP-P1を発売
2012年3月 クラウドコンピューティングデータロガー DCCDL-UNIを発売 DCCDL-UNI
2012年5月 ダイヤトレンド新卒採用facebookをオープン
2012年6月 ダイヤトレンドECをオープン
2012年10月 産業用イーサネットスイッチングハブ DEH-TX5Sを発売 DEH-TX5S
2012年11月 MELSECNET対応 光ファイバケーブルを発売
2013年6月 ファナック対応ケーブルを発売
2014年3月 産業用PoEスイッチングハブ DEH-GTX5ATを発売 DEH-GTX5AT
2014年7月 CC-Link IEコントローラネットワーク対応 光ファイバケーブル
CC-Link協会推奨試験合格
2016年10月 業務拡張のため本社をグランフロント大阪に移転






ページトップ